このサイトに掲載されているリストは、このサイトが報酬を受け取っている企業からのものです。これは、そのリストがサイトのどこに、どのように、どのような順序で表示されるかに影響します。
広告開示
最終更新日Feb 2023

2023年版最高のウェブホスティングサービス

優れた稼働率、素早いページ表示速度、そして容易なセットアップを保証できるホスティング会社を利用して、スムースなウェブサイト運用を維持しましょう。

Oops, something went wrong.
Looks like this page needs a second chance.Please try again later.
Our rating system
Our reviews come from verified users–just like you!
The star ratings are based on the overall rating of each brand. Some reviews are provided via third party suppliers. We encourage you to write a review of your experiences with these brands.

ウェブサイトホスティングサービスとは?最適なのはどれ?

基本的に、ウェブサイトホスティングサービスとは、あなたのウェブサイトのストアフロントが存在するインターネット上の一区画です。保有しているウェブサイトはウェブ上に存在する必要があり、いわばこうしたホスティングサービスはウェブサイトを掲載して運用し続ける「地主」のような役割を果たしています。こうして、顧客があなたのウェブサイトURLを入力した場合にサイトにアクセスできるようになります。

ウェブホスティングサービスは、異なる種類のビジネスに合わせてカスタマイズされています。顧客のウェブサイト全体を制作するホスティング会社もあれば、インターネット上にウェブサイト用区画を確保はするものの、制作作業は顧客に委ねる会社もあります。以下の各要素に基づき、ビジネスモデルと事業規模に応じて自社に適したホスティング会社を選びましょう。

最適なウェブホスティング会社の選び方

最適なウェブホスティングを確保できなければ、ウェブサイト運用を成功させる能力が著しく阻害されてしまいます。世の中には、実に多種多様なウェブホスティングプロバイダーが契約を勝ち取ろうとひしめき合っているのが現状です。自社に最適なプロバイダーを見つけるには、どうしたらよいのでしょうか? まずは、以下の点に留意しておきましょう:

  • 帯域幅

ウェブホスティングサービス探しで最初に行うべきは、ディスクの空き容量と帯域幅のニーズを評価することです。あなたのサイトの特徴として、沢山のグラフィックス、何十枚ものページ、そして大量のトラフィックが挙げられる場合、ある程度の帯域幅とディスクの空き容量が必須です。定額制プランもあるため、こうしたサービスを利用できると非常に楽です。

  • 互換性

互換性についても念頭に置いておきましょう。ウェブサイトホスティングプロバイダー探しに没頭していると、サポート対象となるOSは何かという、重要なポイントを見過ごしがちです。OSの乗り換えはお勧めできないため、プロバイダーを決定する前にこの点をよく確認しておきましょう。

  • 信頼性

信頼性と可用性は、ウェブホスティング探しで検討するべき重要な特徴です。トップレベルのウェブホスティング会社は、98および99パーセントの可用性を提供しており、通常はこれを「稼働率」と称します。

  • セキュリティ

セキュリティもまた、見逃してはならない重要なポイントです。どのようなセキュリティ機能があるのか把握せずに、ウェブホスティングプロバイダーを選ぶのは大きな間違いです。ファイアウォール、日次バックアップ、ユーザー認証などは、必須の機能です。

あなたにとって最適な判断を下せるよう、弊社が業界最高峰のウェブホスティングサイトをどのように選んでいるかをご覧ください。

ホスティングパッケージとそれぞれの中身が意味すること

ウェブサイトがより大きく、複雑であればあるほど、さらに包括的な構成のパッケージが必要となります。こうしたパッケージの主な構成内容について、以下に詳しくご紹介します:

  • 共有

共有ウェブホスティングは、ホスティングサービスの基本パッケージとして提供されています。あなたのウェブサイトは、その他多数のウェブサイトと同じサーバー上に存在するため、サーバー以外にメモリやCPUなどのリソースも共有することになります。こうしたパッケージは、メール送信、ファイル共有、そして基本的なeコマースサイトなど、簡単なウェブサイトのニーズに最適です。共有ホスティングは最も安価でもあるため、小規模またはスタートアップ事業にとって最も理にかなった選択となります。

  • VPS

VPS(仮想プライベートサーバー)は、共有サーバーと比べて、より直接的な目的のために使用されています。この場合も、実際のサーバーを共有していることにはなるものの、VPSサービスでは専用の仮想サーバーが提供されます。つまり、メモリ容量から処理能力、そしてそれ以外のあらゆるリソースを単独で利用できることになります。あなたのウェブサイトを他のサイトとは隔離しながら、お手頃な価格で利用できるため、安全かつ非常に信頼性の高いオプションになります。

  • 専用

専用ホスティングは、まったく別次元のレベルのサービスです。専用ホスティングの場合は独自のサーバーが手に入るだけでなく、サーバーを完全に管理できるようになります。つまり、完全な管理者アクセスを得られるため、希望通りの設定が可能です。こうした種類のパッケージに含まれる豊富な機能の数々は、すべての種類のビジネスにとって必要というわけではありません。

  • Wordpress

WordPressは、専門職の強い顧客向けにカスタマイズされた共有ホスティングサービスです。これは、サーバーそのものが他のサービスとは異なる方法で最適化されており、より素早い読み込み時間、プリインストール、WordPressに特化したセキュリティ機能、そしてWordPressアップデートなど、特にWordPressのパフォーマンス向上に役立つ魅力的な機能を備えています。このため、WordPressでウェブサイトを制作したビジネスにとって便利なサービスです。

ホスティングサービス品質に関わる重大な機能

ホスティングサービス品質は複数の要素の影響を受けますが、こうした要素に関してサービス選びの意思決定プロセス中に考慮することが重要です。中でも、最も重要なものを以下にご紹介します:

  • 稼働率保証

稼働率保証に関しては後ほど詳しく解説しますが、間違いなく検討するべき最も重要な要素です。見落とすことのないようにしましょう。HostGatorは稼働率保証が99.98%となっており、業界でもトップクラスです。

  • 読み込み時間

読み込み時間もまた、非常に重要です。最近の研究によると、人間の平均的な集中力の持続時間は金魚にさえも劣るまで減少していることが明らかになっています。このため、ウェブサイトのページ読み込み時間が長いという印象を少しでも与えてしまった場合、すでに勝ち目はないということになります。競争で立ち遅れることのないよう、必ず読み込み時間の素早いホスティングサービスを選びましょう。A2Hostingは、ページ読み込み時間が業界最速の360mlとなっています。

  • 顧客サポート

ウェブサイトで発生した問題に関しては、軽く受け止めるべきではありません。顧客サービスは、いつでも利用可能で豊富な知識を備え、一緒に作業がしやすい存在でなくてはいけません。この点に関しては、後ほど詳しくご説明します。

  • ロケーション

サーバーとロケーションの数は、ウェブサイトの読み込みおよびサービスのスピードに多大なる影響を及ぼします。当然、サーバー数が多ければ多いほど、サービスのスピードは速まります。ただし、こうしたサーバーが世界のどこにあるのかによって、サービスの質は異なります。あなたのロケーションに基づき、英国、米国、またはイスラエルなどの重要なロケーションにあるサーバーを探しましょう。

稼働率をめぐる実情

ウェブホスティングを検討しているのであれば、稼働率保証という表現をよく耳にするのではないでしょうか。稼働率とは、ホスティングサービスが稼働している時間の割合を示しており、これは一定の割合を超えて稼働している様々な会社が保証しています。なお、稼働率が保証されていない場合は確実に稼働停止することを意味しているわけではありません。いわば、保証されている稼働率に関しては問題なく稼働し続けるということになります。

これが重要なのは、顧客がいつもアクセスまたは利用できないような状態のサイトでは困るからです。このようなウェブサイトは、持つことに意味がなくなってしまいます。HostGatorやBluehostなどのトップブランドは稼働率保証が99%以上となっているため、ビジネスにとって大いに望ましいでしょう。

読者からのよくある質問(FAQ)

読者の方からは、よく同じ質問をされることがあります。そこで、参考までに、最もよくある質問と簡潔な回答を以下に掲載します。

ウェブホスティングのコストは、大体どれくらいでしょうか?

ウェブホスティングにいくら支払うかは、サービスのパッケージ内容と種類によって異なります。価格は、月額$2.99から$10とさまざまです。より詳細な回答をご希望の場合は、以下の価格およびお値打ち感に関するセクションをご覧ください。

ホスティングサービスに関する詳細な情報を得るには?

本サイトのようなレビューサイトは、必要な情報について下調べをしており、各ブランドに関する簡潔なレビューをまとめています。十分な情報に基づく意思決定を下せるよう、こうしたレビューを閲覧して、最小限の時間と労力で最大限のデータを手に入れましょう。

ウェブホスティングの価格とバリュー

ウェブホスティングプロバイダー選びに関しては、価格のみで決定する人もいます。これは、あまり良い方策とは言えないものの、価格は考慮するべきである点に間違いはありません。最高のプロバイダーはあらゆる予算に合わせたプランを提供できるほか、中には長期の定額購入に加入することで割引率が高まるケースもあります。

また、事業が成長する余地も残した上で検討するとよいでしょう。現在のニーズを満たすウェブホスティングプランを選ぶこと自体に問題はありません。ただし、あなたのサイトが徐々に成長すると見込んだ場合、将来的なニーズは変わる可能性があります。新しいホスティングプロバイダーへの乗り換えはとても面倒であるため、スケーラブルなプランを提供できるプロバイダーを選びましょう。同様に、そのプロバイダーが提供するメールアカウントの数に関しても注意しておきましょう。果たして、メールアドレスを何十個も持つ必要があるのかという問題は別として、将来的に沢山のアカウントを作成できるに越したことはありません。

ホスティングプロバイダーの顧客サービスとサポートについて調べる

仮に、あなたがウェブサイト制作に向いているとしても、必要な時にサポートを得られるという安心感は心強いものです。選んだウェブホスティングプロバイダーが年中無休サポートを提供しており、複数の方法によるサポートがあることを確認しておきましょう。最も信頼性の高いプロバイダーの場合、メール、電話、そしてオンラインチャットによるサポートを提供しているため、使い勝手も良好です。最も優れたサポートには、顧客側の自由度の高さが含まれています。プロバイダーのポリシーを見直し、購入商品に対して満足できない場合に明確な返金保証があることを確認しておきましょう。

ウェブホスティングサービス以外の特典

帯域幅やディスクの空き容量といった基本的な項目をクリアするのは当然ですが、優れたウェブホスティングプランには最低でも複数の特典が含まれているものです。オンラインストアを運用している場合は、eコマースソリューションを提供するプロバイダーに注目しましょう。アップデートを素早く簡単に実装できるようにしたいのであれば、CMS(コンテンツ管理システム)を提供するプロバイダーを探しましょう。

結論

ウェブホスティングプロバイダー選びはできる限り早く終わらせたいと考えてしまいがちですが、時間をかけて決断したほうが良いのは明白です。こうすることで、長期的に利用できるプロバイダーが見つかるはずです。

Editorial reviewsRead all reviews
Editorially researched
Unbiased information
Highlights, pros & cons
Bluehost
Bluehost
Bluehost
Read Review
GoDaddy
GoDaddy
GoDaddy
Read Review
IONOS
IONOS
IONOS
Read Review
Read all reviews
Our rating system
Our reviews come from verified users–just like you!
The star ratings are based on the overall rating of each brand. Some reviews are provided via third party suppliers. We encourage you to write a review of your experiences with these brands.